専門家を頼りにしよう

病院でできる治療方法

精神科や心療内科に行くと、専門医が対応してくれます。
医師はこちらの話を真剣に聞き、共感してくれたりアドバイスをしたりしてくれるので、抱えていることを全て吐き出してください。
ずっと1人で悩みを抱え込んでいると、次第に苦しくなってしまいます。
誰かに話すだけでも落ち着いたり、楽になったりするので専門医を頼ってください。

また薬を服用しながら、精神を安定させる治療も行えます。
医師から薬を処方された時は、用法用量を必ず守ってください。
規定よりも多く薬を服用すると効きすぎてしまったり、精神や肉体に大きなダメージを与えてしまいます。
場合によっては、命を落とす危険性もあるので、服用する前に用量や、服用するタイミングを一通り確認しましょう。

医師と信頼関係を築こう

治療を成功させるためには、自分が医師を信頼することが欠かせません。
信頼できないと、悩みを全て吐き出せません。
すると医師も的確なアドバイスができず、治療方法を決めるのも困難になり、迷っている間に症状が悪化します。
ここで話したことは、自分と医師以外の人間には聞かれません。
医師も秘密を守ってくれるので、何でも悩みや不安を言ってください。

また1回の診察の時に、全て話そうと思わなくて大丈夫です。
ウツの治療はゆっくり進めるものなので、その時に言える範囲のことを伝えましょう。
何回か診察を重ねるうちに医師に心を開けて、全て言えるようになります。
焦ってウツを治療しようとするとプレッシャーを感じるので、医師と一緒にゆっくり進みましょう。


みんなにシェア

B!